ななすの日記

明るく楽しく無害に生きる

歩道橋のはなし

 

高い所は好きじゃない。

 

だけど

「わたしぃ〜、高所恐怖症なんですぅ〜〜〜」

なんて言う女にはなりたくない。

本当に高所恐怖症なら仕方ないけど、『高い所が苦手なの可愛い』みたいなスタンスで来る女はよろしくない。

何でもかんでも『恐怖症』という言葉で片付けようとするな。

 

そういう女性たちは 高所恐怖症だと言い張るくせに観覧車に乗りたがるのが矛盾してることに早く気づいて欲しい。

 

自称高所恐怖症女の悪口を言いたかったんじゃない。

 

言いたかったのは、わたしは歩道橋が大嫌いだということ(突然何の話)

 

最近 知らない土地の歩道橋を渡ることが増えた。

歩道橋の階段を上るまではいいんだけど いざてっぺんを歩くとなるとどうもドキドキして足がすくむ。

足がすくむって言っても歩けなくなるほどじゃないけど。

 

「走ったら歩道橋が倒壊するんじゃないか」とか「このまま下に落ちてトラックに轢かれるんじゃないか」とかいろいろ考える。

 

心配性だからなのか、余計な心配をしてしまう。

 

倒壊なんて絶対しないし安全なのは分かってるけど、世の中に絶対なんてないからな!!!!!!!!!!って思っちゃう性格なんだよな。

早くこの性格直したい。

 

今日も2回歩道橋を渡ったけど無事に生きている。

よかった、歩道橋潰れなかった、歩道橋万歳!!!!!!!!!!!!

 

 

今から大阪に帰る、一刻も早く家に帰ってゴロッとしたい。

朝から1日動き回って疲れてるし 明日も朝早いから早く帰りたいのに、こんなときに限って新幹線遅れるよね〜〜〜〜〜〜

遅れてくる新幹線を選んじゃうところ、わたしだよね〜〜〜〜〜

そういう不運なところも直したいよね〜〜〜〜〜〜

 

今ちょうど新幹線が来ました、無事に帰れますように。

一旦寝ます。グッナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

センチメンタルのはなし

 

眠いんだけど、眠れない。

こんな夜は何だかセンチメンタルになる。

真夜中のこの雰囲気に完全に飲み込まれてしまった。

 

特に意味もなくため息をついて 感傷的になるこの時間、嫌いじゃない。

 

カメラロールを遡ってみたり ツイッターを遡ってみたり、思い出に浸ったりなんかして。

 

 

いつかのインスタライブでHONEBONEのエミリちゃんが歌っていた

「悲しい気持ちはどこにも見当たらない〜」

って曲、誰の曲かずっと気になってたけど 今日解決した。

oboroさんのメロンパンという曲なんだって。

フルで聴いてみたいな、わたしの好きな曲かもしれない。

 

今日のこのおセンチの原因は 間違いなくHONEBONEカバー部のメロンパンだ(良い意味で)。

 

2人が歌うメロンパンを聴いていたら自然とため息が出てくる(もちろん良い意味)。

 

「いいなぁ〜、HONEBONEいいなぁ〜、あぁ〜いいなぁ〜〜〜」って。

 

わたしは いいなぁ しか単語を知らないのか。

 

そういえば みんな知ってる?

『ため息をつくと幸せが逃げる』なんてよく言われるけど、実はそうじゃないんだって。

ため息は緊張を緩和するリラックス効果があって体に良いものらしい。

 

わたしも受験期によく友達から「ため息ばっかりついてると幸せ逃げるよ!志望校落ちるよ!!」なんて言われた。

その当時はため息が体に良いものだとは知らなかったけれど、「ため息は幸せが逃げるんじゃなくて、不幸を吐き出してんの!!!!!」って言い返してた。

わたしはそもそもため息嫌いじゃなかったけど ため息が悪いものじゃないって本能的に分かってたのかもね!

 

以上ため息の豆知識でした、ご存知でしたらすみません。

 

明日もやることたくさんあるし そろそろ寝よう。

 

 

寝る前に もう少しセンチメンタルを満喫しながら HONEBONEが奏でる優しいメロンパンをあと10000000000回聴いちゃお。

 

 

 

 

 

アルバイトのはなし

 

アルバイトが好きだ。

 

“労働”は楽なことではないけれど バイトのおかげでいろんなことを学んだ。

 

わたしは地元の居酒屋でバイトをしている。

個人経営の、あんまり大きくはない二階建てのお店。

社長とチーフがつくる料理はどれも美味しくて カウンターはいつもほとんどが常連さんで埋まっている。

 

 二階建てだから 忙しい時には階段ダッシュ(往復)を強いられるので中高吹奏楽部のわたしにはキツイ。

運動部の人でもキツイと思う。

 

週末はいつも満席で 仕事が多すぎて嫌になる。

洗い物も山のように溜まるし。

洗い物が溜まりすぎてジョッキが足りなくなるときもある。

 

仕事はめちゃくちゃハードだけど 辞めたいと思ったことは一度もない。

 

なぜなら、お店のみんなが大好きだから。

 スタッフもお客さんも。

 

特にお客さん。

 

ずっと「お客さんに喜んでほしい」と思って働き続けてきたのがお客さんにも伝わったのか、お客さんがめちゃめちゃ良くしてくれる。

毎日お菓子を持ってきてくれるお客さんもいれば 毎回お酒をご馳走してくれるお客さんもいる。

わたしの誕生日にケーキを持ってきてサプライズで祝ってくれたお客さんもいた。

 

就活で忙しくて全然働いておらず 2ヶ月ぶりの出勤日はいろんなお客さんが声をかけてくれた。

「ななすちゃんが居るんだったら もっと差し入れ持ってきたら良かった」なんて言ってもらえた。

 

そんな優しいお客さんが 1人じゃなくて沢山いる。

「久しぶりだね、元気だった?」

「2ヶ月も会えなくて寂しかったよ」

「就活頑張ってね」

そんな言葉をかけてもらえる度 この店で働いてきて良かったなぁと思う。

本当にありがたい。

 

我ながら、お客さんに愛されてると思う。

(自分で言うな)

 

お客さんもわたしのこと好きだし わたしもお客さんのこと好きだし、最高の関係じゃない?

 

 

良いお客さんは沢山いるけど、クセのあるお客さんやクレームばっかりつけてくるお客さんもいる。

 

機嫌が悪いのか元々そういう性格なのかは知らないけれど 何を食べても無愛想で文句ばっかり言う客さん。

注文してないのに「注文した」、注文したのに「注文してない」って言うお客さん。

「何歳?どこ住み?ってかLINEやってる?電話番号教えて?」って言うお客さん。

 

正直言ってウザい。

ナンパするならひっかけ橋にでも行けば良いし 楽しくないなら帰れば良いと思う。

 

こういう時、そういうお客さんにいかに「ありがとう」を言わせるか、わたしとお客さんとの勝負が始まる。

帰りに「ありがとう」を言わせればわたしの勝ちだ。

 

お客さんを良い悪いで表現するのは良くないけれど、悪いお客さんが多いほどわたしの接客スキルは上がるし 精神も鍛えられる。

苛々という代償が付き物だが。

 

わたしは感情が顔に出やすいし苛々しやすいタイプだけど バイト中にそれを顔に出したことはない。

めちゃくちゃに苛々しても 階段を下りながら「あのクソジジイビールの樽で頭殴ったろか」ってブツブツ呟くので抑えてる。

えらい。

嫌なお客さんのお酒も濃くしてない。早く潰そうとしてない。

えらい。

 

こっちも働いてお金を貰ってる以上、最高のおもてなしをしなければならない。

どうせなら最高のサービスでお客さんに喜んでもらいたいし。

 

最高のおもてなしがなんなのかは まだイマイチよく分かってないけど。

 

 

大学入学してすぐバイトし始めたから もう四年目だ。

時の流れは速い、速すぎる。

卒業するまでしっかり頑張ろう。

 

良いお客さんも悪いお客さんも、ご新規さんも常連さんも、みんなに満足してもらえる接客ができるように。

 

2ヶ月間バイトから離れたことで バイトの楽しさを改めて感じたし 貯金も底をつきそうだから、来月はもっと働きたい。

 

来月以降 急に太ったら 深夜の大量の賄いとお客さんからの差し入れによる幸せ太りだと思ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂のはなし

 

お風呂は好きじゃない。

入るまでがめんどくさい。

洗うという作業もめんどくさい。

あがった後のドライヤーもめんどくさい。

めんどくさいことしかない、めんどくさいフェスティバル こと お風呂。

 

しかもわたしは水まわりの潔癖症なので 人が入ったあとのお風呂がめちゃめちゃ嫌い。

銭湯も温泉も嫌い。

温泉旅行とか正直行きたくない。

だって、お風呂入りに行くんでしょ…?

こんなに嫌いでめんどくさいと思ってるお風呂に わざわざお金払って入るんでしょ…?

苦行じゃん…

※個人の意見です

 

テレビやスマホを作れるだけの技術力があるんだから もっとお風呂を簡単に済ます機械も早く作ってほしい。

洗車の人間バージョンみたいな、歩いて通るだけで水と洗剤ぶっかけられてモップみたいなのでゴシゴシされる機械。

わたし結構前から欲しいと思ってたし かなり需要あると思うんだけど。

 

 

お風呂は嫌いだけど 悪いことばかりじゃない。

めんどくさいと言いながらも 入ってみればリラックスできるし 無心になれる。

心も体も綺麗になって一石二鳥。

 

なんだよ、お風呂素敵じゃん。

こんなに素敵なのに何でこんなにめんどくさいんだ。

 

昔誰かが「お風呂が嫌いな奴はモテないぞ!」って言ってた。

わたしがモテないのはそのせいか。

お風呂好きになればモテるのか。

 

お風呂好きになればモテると言われてもお風呂は好きになれないな。

なぜならわたしは面倒くさがりガチ勢だから。

 

明日も明後日も お風呂はずっとめんどくさい。

 

わたしは今日も「お風呂に入って後悔した人はいない」という誰かの言葉を思い出し、重い腰をあげてお風呂に入る。

 

サッとお風呂に入れるおまじないがあれば誰か教えてください。

 

 

 

 

カウントダウンHBのはなし

 

ライブで遠征したことないわたしが この度東京遠征いたしました。

 

カウントダウンHB

 

事前に行われた投票を元に ランキング10位から1位までを披露するという企画。

カバー曲もやるよ という企画。

最高の企画。

 

自分が予想していた順位とは全く違って いつものセットリストとも全く違って、相変わらず最高なんだけど なんだか新鮮なライブだった。

(最後までカイサツを期待していたことは黙っておく)

 

川口さんが目の前でギターを弾いてるのを見て吐きそうになった(良い意味)けれど 我慢したので褒めて欲しい。

 

途中でわたしの目の前に現れた譜面台で川口さんの手元が見えなくなるときがあったんだけど、わたしはドMなので それも試練だと思って乗り越えた。

ていうか 透視して譜面台の向こう側の川口さんが見える気がした、もしかしたらちょっと透けて見えてたのかもしれない。

興奮していたのでその辺はあまり覚えていませんが。

 

普段何気なく聴いている曲たち、改めて聴くとやっぱり全部良い曲だなぁと再確認した。

こんなに素敵な曲を生み出すHONEBONEの脳内はどうなっているんだろう。

 

カバー曲は 逃げ恥でお馴染みの星野源さんの恋。

エミリちゃんが歌うと 星野源さんが歌うのとは全く違う曲みたいで HONEBONEカラーに染まった“恋”、超素敵だった。

アコースティック万歳。

この曲でギターを弾きながら微笑む川口さんは平匡さん(逃げ恥)よりも素敵で、誰も敵う人なんていない 無敵状態だった。

 

川口さんが日本一カッコいいのは当たり前なんだけど、宇宙一カッコいいのではないかと最近割と本気で思っている。

「自分、川口さんよりカッコいいっす」って自信ある奴!我こそは という奴!出てこい!

わたしが川口さんの魅力を投げつけてケチョンケチョンにしてやる!!!!!!!!!!

 

行き帰り夜行バスの日帰り旅で疲れが爆発して感性がいつもよりおかしくなっているのでご了承ください。

 

 

ずっと会いたかったボーンズさんにもたくさん会えて嬉しかった。

やっと会えたのに人見知りかましてすみませんでした。

次にお会いするときには何かおもしろい話でもできるようになっておこう(自分でハードルを上げる)

 

HONEBONEのおかげでゴールデンウィークの初日が最高の一日になったので わたしのゴールデンウィークは終わったも同然。

ゴールデンウィーク終がわった。一日で終わった。

 

一日で終わったけど 21年間で1番楽しいゴールデンウィークだったから最高の人生だと思う。

f:id:na-su:20170430100329j:image

 

 

 

立ち直ったはなし

 

落ち込みからの立ち直りが早い。

 

沈んでたら世界が曇って見えるし 悩んでても仕方ないから さっさと気持ちを切り替えた。

嫌なことをすぐ忘れられる性格で本当に良かったと思う。

 

就職活動がなんだよ、大手に内定もらったら偉いのかよ!!!!!!!!

就職できなくても死なないし、今のアルバイト結構好きだから それ続けながら川口さんの追っかけやれたら超幸せじゃん!!!!!!!

お父さんとお母さんには一言謝っておこう!!!!!!!!!!

 

くらいの気持ちでいいや。

 

わたしはわたしだから、内定もらうために取り繕ってそれで採用されても それわたしじゃないし。

いつかきっと わたしにピッタリの会社が見つかるよ。

 

就職活動の話はとりあえず置いといていい。

 

わたしは明日の夜行バスで東京に行く。

ずっと楽しみにしていた一大イベント。

 

HONEBONE単独ライブ

カウントダウンHB

 

これのために生きてきたと言っても過言ではない。

超絶楽しみすぎて 大好きなご飯が喉を通らないからお菓子ばっかり食べてる。

 

関東ボーンズの皆さんにお会いできるのもめちゃめちゃ楽しみで、人見知りのくせに 何を話すか考えてる。

どうせ何も話せないくせに…話すことを考えるなんて…超健気…

(広い心で話しかけてくれたら嬉しいです。)

 

楽しみばかりの東京日帰り旅の中で 唯一の心配事と言えば わたしの方向感覚。

方向音痴のプロだから 東京で迷子になる可能性が高い。

Googleマップとはお友達のはずなのに いつも知らないうちに全然違う場所に辿り着いてる。

Googleマップでもどうにもできないわたしの方向感覚恐るべし。

 

あと、わたしみたいなパッとしない人間が東京を歩いて良いのだろうか。

キラキラオシャレ人間に殺されたりしない?

サッシュベルトで首絞められたりしない?

ヴィトンのバッグで殴られたりしない?

 

怖い、怖すぎる。

わたしもしっかり武装して行こう。

 

 

さっきキャリアセンターのおじさんに就活について相談したら、「そんなに思い詰めないで ゴールデンウィークはリフレッシュしておいで」って言われた。

明後日 東京のライブに行くことは黙っておいた。

 

 

 

 

 

落ち込んでるはなし

 

「就活中なのに全然落ち込んでないし あっけらかんとしてるね」

 

よく言われる。

 

お祈りメールが来ても いつも通り明るいし 「まぁ縁がなかったんだろう」くらいにしか思わない。

そりゃ学生と企業にも相性ってもんがあるし 採用人数も限られてるし わたしが志望する業界は特に倍率が超高いから 不採用でもしょうがない。

落ち込んでても仕方ない。

 

だけど わたしも どこが駄目なんだろうとか 何が駄目なんだろう とか考え込むこともある。

考えても分からないけど。

どうにもできなくて 辞めたいって思うときだってある。

 

悩んだって落ち込んだってどうにもならないし 周りに心配かけるだけから 落ち込んでないフリしてるだけだよ。

本当は落ち込んでるんだよ。

 

こういう時に 強がりな性格は損をする。

 

1人で考えて誰にも話さないから 誰もわたしが悩んでるなんて思わない。

素直にツライと言って人に助けを求められたらどんなに良いか

と思ったこともあるけれど、就職活動は結局ひとりで頑張るしかないのだから 泣き言を言っても仕方がない。

 

こういう時こそ 切り替えの早さを活かすべきじゃない?

嫌なことはすぐ忘れられる切り替えの早さがわたしの長所なんだから。

さっさと忘れよう、嫌なこと全部。

 

 

最近アンパンマンたいそうが好きでよく聴く

 

「もし自信をなくして 挫けそうになったら

いいことだけいいことだけ 思い出せ」

 

めっちゃ良い歌、やなせたかしさんは天才。

 

2番の歌詞が

「大事なもの忘れて べそかきそうになったら

好きな人と好きな人と 手をつなごう」

だと知って、アンパンマンたいそうをさらに好きになった。

 

嫌なこと全部忘れて 良いことだけ思い出そう。

 

なんとかなるよね、きっと。

きっとうまくいく。