なす日記

明るく楽しく無害に生きる

落ち込んでるはなし

 

「就活中なのに全然落ち込んでないし あっけらかんとしてるね」

 

よく言われる。

 

お祈りメールが来ても いつも通り明るいし 「まぁ縁がなかったんだろう」くらいにしか思わない。

そりゃ学生と企業にも相性ってもんがあるし 採用人数も限られてるし わたしが志望する業界は特に倍率が超高いから 不採用でもしょうがない。

落ち込んでても仕方ない。

 

だけど わたしも どこが駄目なんだろうとか 何が駄目なんだろう とか考え込むこともある。

考えても分からないけど。

どうにもできなくて 辞めたいって思うときだってある。

 

悩んだって落ち込んだってどうにもならないし 周りに心配かけるだけから 落ち込んでないフリしてるだけだよ。

本当は落ち込んでるんだよ。

 

こういう時に 強がりな性格は損をする。

 

1人で考えて誰にも話さないから 誰もわたしが悩んでるなんて思わない。

素直にツライと言って人に助けを求められたらどんなに良いか

と思ったこともあるけれど、就職活動は結局ひとりで頑張るしかないのだから 泣き言を言っても仕方がない。

 

こういう時こそ 切り替えの早さを活かすべきじゃない?

嫌なことはすぐ忘れられる切り替えの早さがわたしの長所なんだから。

さっさと忘れよう、嫌なこと全部。

 

 

最近アンパンマンたいそうが好きでよく聴く

 

「もし自信をなくして 挫けそうになったら

いいことだけいいことだけ 思い出せ」

 

めっちゃ良い歌、やなせたかしさんは天才。

 

2番の歌詞が

「大事なもの忘れて べそかきそうになったら

好きな人と好きな人と 手をつなごう」

だと知って、アンパンマンたいそうをさらに好きになった。

 

嫌なこと全部忘れて 良いことだけ思い出そう。

 

なんとかなるよね、きっと。

きっとうまくいく。